片思いの相手との相性も占える|九星気学の魅力を徹底的解剖

占いの種類

九星と気学で占う

占い師

占いにはさまざまな種類があり、占ってもらうさいの判断材料となりますが、そのひとつが九星気学です。九星気学は生まれた年月日の九星と干支や五行を組み合わせたものです。主に方位の吉凶を知るために使われていますが、相性を調べる時にも使われています。九星気学では、人を9つのパターンに分けるというもので比較的単純な仕組みです。同じく生年月日から占う四柱推命も人気がありますが、四柱推命ではより正確な誕生日や時間を必要とするのに対して九星気学では誕生年だけでも占うことができます。このため、まだ深く知り合っていないパートナーであっても年齢が分かれば相性を知ることができるメリットがあります。九星気学で占うためには、9つの本命星を知る必要があります。本命星は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星があります。直近では平成29年では、一白水星に該当して、それを1年毎に遡るごとに移動していき、九紫火星の次は再び一白水星になります。この本命星にはそれぞれに特徴付けされており、そのため相性が決められています。相性そのものはそれぞれ、大切にしてくれる相手、好意を持ち守りたくなる相手、敵わないと感じる相手、反発したくなる相手、親しみを感じる相手の5種類に分類されます。これらはあくまでも教本通りの九星気学で占い師に占ってもらうことで相性の悪い相手との接し方についてのアドバイスを受けることができます。

気になる相性占い

ベッドルーム

好きな人ができた時ついつい気になり調べてしまうのが相手と自分との相性占いです。今はインターネットの普及により様々な占いを無料で行う事ができます。例えば自分と相手の生年月日を入力するだけで二人の相性は何パーセントとすぐに表示する占いがあります。その数字に一喜一憂するのが好きな人ができた女子の乙女心というものです。好きな人ができた時とくにそれが片思いの場合は相手の事が気になって気になって仕方がないものです。自分の恋は実るのか占いに聞いてみたくなります。また相性占いはもちろんの事好きな人の名前を入力して性格診断なんてこともしてしまうのです。そこに書かれた情報からまだ自分が知らない相手の内面を想像するとドキドキワクワクするでしょう。そしてそこから読み取る相手の好みに自分を近づけるよう努力したりするのです。占いを使うことによってどのようにアピールすれば良いのかなど恋愛のヒントを得ることもあるのです。しかし気を付けなければならない事もあります。それは占いはあくまで占いでしかないことです。どんなに有名な占い師でも全ての人の未来を正確に当てる事なんてできません。占いの相性診断が90パーセントでも必ず成就するとは限らないのです。逆を言えば20パーセントの相性でも上手くいく場合もあるのです。占いを信じすぎて全ての行動や判断を占いに頼ってしまう事は危険です。好きな人ができた時には占いは参考程度にしておきましょう。

行動で男の心理を読み取る

手

どんなに自制心の強い男性でも、好きな女性を相手にした時は普段と違う行動をとるものです。そんな男性心理をうまく読み解いて、自分の恋愛に活かしてみてはいかがでしょうか。それを知る第一歩として、ターゲットになる男性の行動パターンを追いかけてみましょう。たとえば、彼の視線や体の向きは日頃どこを向いている時が多いでしょうか。人は気になる物や意識している物を見ると、ついついそちらに意識が向きがちです。それは男性にとっても同じことがいえます。これに加えて、距離感もチェックしておきたい男性心理のひとつでしょう。相手との距離が近ければ近いほど、その人物に対して親しさを感じている証拠です。その上で話しかけた時会話がテンポよく続くようなら、少なくとも嫌われてはいないということになります。口下手が多い男性にとって、どうでもいい女性とコミュニケーションを取り続けるのは面倒な作業です。それに対して愛想良く付き合ってくれるということは、こちらからの誘いに乗ってくれる可能性が高いといえるでしょう。これなら少しアプローチしただけで、あっさりOKの返事をもらえる可能性があります。ただし男性心理は下心と連動していることがあるので、その点は注意するべきです。実際下心有りの男性と恋愛感情がある男性心理は、はっきり区別がつけにくい状態にあります。ゆえに真剣な交際を求めている時は、すぐに関係を進展させずに様子見する期間を設けることも必要でしょう。下心でアプローチしてくる男性はそんなちょっとの間も我慢できませんから、運がよければそれで排除することも可能です。