片思いの相手との相性も占える|九星気学の魅力を徹底的解剖

霊感が強い占い師の探し方

口コミやランキングで探す

寝室

通常占いというと、道具や統計学を利用して占うやり方が一般的です。ところがそれらをまったく使わず、自分自身の霊感のみで仕事をしている占い師もいます。霊感とつく占い師がそれにあたり、霊波や守護霊の言葉を聞くなどスピリチュアル方面に特化した方法で占いをするのが特徴です。この方法ではツールを使用しない分、霊感占い師個人の能力が当たるかどうかを大きく左右するといえるでしょう。それゆえ霊感占いをしてもらう時は、当たると評判になっている占い師の所に行かなくてはいけません。そうでなくては、せっかく占ってもらってもすべて徒労に終わってしまうこともありえます。ではどうやってその当たる霊感占い師を探すかといえば、口コミを利用してみるのも一つの方法です。少なくとも当たる確率の低い霊感占いは噂にもならないので、それだけ絞り込みやすくなるでしょう。またそれと合わせてランキングサイトを使えば、より詳しい情報が手に入るのでさらに便利です。しかもそこではいろんな情報が集まっているので、占い師同士の比較も簡単にできます。特にランキングサイトは評判がいい占い師や占い師ごとに順位を付けて紹介しているので、それをそのまま参考にして探すことも可能です。これなら自分で選ぶのが難しい時でも、すぐに占い師を見つけられるので面倒がありません。当たる霊感占いを自分一人で探し回るのは大変ですが、これならあらかじめ選別されているのでそれだけ手間が省けます。しかも第三者の意見も取り入れられるので、それだけ信用できる占い師がみつかるでしょう。

インテリアの工夫で

花

玄関とキッチンとともに風水の三大ポイントとも呼ばれることのある寝室は、一日の疲労をリセットさせてエネルギーを補充し、次の日に備えるための大切な空間です。とくにベッドの位置や向きは重要であり、間違った不適切な方向へ設置してしまうと、睡眠が浅くなったり疲労がとれないといったことになり、健康にも害を及ぼす可能性もあります。それゆえに風水の理念のもとに寝室のインテリアの配置を実施することで、安眠できてパワースポットのような寝室を実現することもできます。そんな風水の理念による理想的な寝室は、まずはベッドは壁に密着させて設置させましょう。ベッドと壁との間に隙間が存在するとそこに強い気が流れ、睡眠中に強い気に触れると安眠妨害になるとされているためです。また柱の角や梁の下は悪気が来る傾向にあるので避けるようにし、扉の延長線上に頭がこないようにしたり、ベッドに横になった際、鏡に姿が映らないようにすることも大切です。他にも磁場の乱れにもつながるので電子機器はできるだけ持ち込まないようにして、寝具やカーテンなど、ファブリックのカラーにこだわることも良いでしょう。このように風水によって寝室のインテリアを改善すれば、運気アップや安眠効果などを期待することが可能となります。ちなみに補足として、よく北枕は縁起が悪いとされていますが、風水では気の流れの関係で北枕は推奨されており、眠れない時などはとくに北枕はお勧めな方法となっています。

相克と相生を知っておこう

男女

九星気学の仕組みとしては、人間を9つの方位や星にわけ、それぞれの特徴を表している事といわれています。生まれた年の立春以降から、翌年の節分までが1つの星の区切りとされ、その期間内の人が1つの本命星です。基本的な相性は東洋の占いならではの五行が関係しており、五行の流れで発生した相生・相克によって占われます。相性のよしあしはその人の性格にも影響している為、九星気学で性格からも相性のよさを判断できるのは事実です。通常相性がよいといわれる人だけでなく、性格上あわない人の場合、他の星のほうがよい場合も少なくありません。また、同じ年に生まれても、生まれ月によって相性のよい人が異なるのも九星気学の特徴といわれる為、年だけでなく、生まれ月も調べたほうがいいでしょう。五行では火・土・金・水・木が影響し、順番通りであれば九星気学ではよい相性ですが、この調和以外で相克と呼ばれる場合はよくないといえます。相生では火は土を生み、土は金を生み、金は溶けて水になり、水は木を育て、木はすり合わせて火を生むと考えられているのが特徴です。逆に相克は水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を切り、木は土から養分を吸い取り、土は水を濁らせるといった考えから発生しています。それぞれの考え方を理解し、占ってもらうことでパートナーだけでなく、職場や友人達との相性もわかりやすく見る事が可能です。九星気学では単純に本命星だけでは見ないため、詳しく見るとより詳細な占いをしてもらえるので、プロに相談してください。